妊娠中に美顔器を使っても大丈夫?正しい使い方と注意点

妊娠中に美顔器を使っても大丈夫?正しい使い方と注意点

妊娠中でも美顔器を使っていいのかどうか、気になりますよね。

妊婦になってもきれいで痛いと願うのは、女性にとってごく自然なことです。

美顔器を使ったお手入れには、ハンドケアに比べて何倍もマッサージ効果があったり、美容成分に浸透が良くなったりと、さまざまなメリットがあります。

しかし、お腹の赤ちゃんや母体にダメージを与えてしまっては、元も子もありません。

果たして実際に悪影響を及ぼすのでしょうか。

美顔器の中には、妊娠中の使用を控えるよう取扱説明書に記載されているものもあります。

妊婦の体はとてもセンシティブな状態になっているので、なるべく美顔器の使用を控えたほうが無難と言えるでしょう。

ですが、妊娠中に美顔器を使ったからといって、必ずしも副作用があるわけではありません。

美顔器の種類によっては妊婦さんでも安全に使えるものもあります。

ここでは、妊婦が美顔器の使用を控えるべき理由や正しい使い方、注意点について詳しく解説していきます。

妊婦が美顔器の使用を控えるべき理由

そもそも、どうして妊娠中は美顔器の使用を控えたほうがいいのでしょうか。

女性の心と体の健康は「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2つの女性ホルモンによって左右されています。

エストロゲンは女性らしさを引き出すホルモンと呼ばれ、肌のハリや髪のツヤ、バストアップなど、女性としての魅力を保つ役割があります。

一方、プロゲステロンは妊娠の成立と維持のために必要不可欠なホルモンです。

皮脂の分泌を活発にする作用があるため、ニキビや肌荒れの原因になると言われています。

この2つの女性ホルモンの働きによって、毎月の生理が起こります。

男性ホルモンは常に一定量が分泌されているのに対して、女性ホルモンは生理周期や妊娠、出産によって分泌量が大きく変わるのが特徴です。

妊娠すると、エストロゲンとプロゲステロンの分泌量が妊娠前に比べて急激に増えます。

ホルモンバランスが大きく変化するので、肌質の変化を感じる妊婦さんも多いようです。

特にプロゲステロンが増えると、バリア機能が低下してしまい、肌の水分量が減ったり、皮脂が過剰に分泌されたりします。

そのため、妊娠中は乾燥や肌荒れ、シミといったトラブルが起こりやすくなってしまうのです。

皮膚への刺激に敏感になるため、普段から使ってきた化粧品が急に合わなくなることもあるでしょう。

そのような状態で妊婦さんが美顔器を使うと、逆効果になってしまう可能性があります。

特にイオン導入器やEMS美顔器、マイクロカレントなどの微弱電流を流すタイプのものは刺激が強いので、妊娠中の使用は避けたほうがいいでしょう。

美顔器は母体や胎児に悪影響を与えるのか?

「美顔器を使うのは、お腹の赤ちゃんに良くないのでは?」と心配している妊婦さんも多いのではないでしょうか。

結論から言うと「NO」です。

美容皮膚科やエステサロンで使用されている業務用美顔器は、医療従事者や資格を持ったエステティシャンが施術を行うので、出力(パワー)が高めに設定されています。

それに対して、家庭用に開発された美顔器は、誰もが安心して使えるよう、安全性に配慮して出力が低めに設定されています。

そのため基本的には、赤ちゃんや妊婦さんの体への影響を心配する必要はありません。

ただし、妊娠中は何が起こるかわからないものです。

万が一のことを考えて、電流や超音波が流れるタイプの美顔器の使用は、控えたほうが賢明かもしれません。

心配がある場合は、使用する前にかかりつけの医師に相談しましょう。

妊婦でも安心して使える美顔器とは?

妊婦さんが美顔器を使うのであれば、より安全性の高いローラータイプやスチームタイプのものがおすすめです。

ローラー美顔器は顔の上でコロコロ転がすだけ、スチーム美顔器は顔に蒸気を当てるだけなので、妊娠中の体にも比較的負担が少ないと言えるでしょう。

それぞれの特徴をご紹介します。

1.ローラー美顔器

体の筋肉と同じように、顔の筋肉も使わなければ年齢とともに次第に衰えていきます。

結果的に皮膚や脂肪を支えきれなくなって、シワやたるみの原因になってしまうのです。

美容ローラーを顔の上で転がすことによって、普段使わない表情筋に働きかけてリフトアップ効果が期待できます。

リンパの流れも促進されるため、たるみやむくみの解消にも役立つでしょう。

妊娠中はむくみが顔に出やすく、鏡を見るたびに落ち込むこともあるかもしれません。

ローラー美顔器を使ってフェイスラインがすっきりすれば、気持ちをリフレッシュできます。何より気持ちがいいので、ストレス解消にもってこいです。

顔の上をコロコロしていると適度な刺激で心地良くなり、つい全身にも使ってしまいたくなるかもしれません。

しかし、妊娠中の体はとてもセンシティブです。あくまでも美顔器の使用は顔だけにとどめてください。

全身に使っているうちに、お腹周りに思わぬ刺激を与えてしまう可能性もあります。

ローラー美顔器を使う前には、必ず保湿ケアを行ってください。

妊娠中はただでさえ肌が乾燥しやすい時期です。顔が乾いた状態で使用すると、摩擦が生じてシワやたるみを生じさせることがあります。

化粧水や美容液で肌にしっかりうるおいを与えてから、お手入れするようにしましょう。

ローラー美顔器の中には、マイクロカレントと呼ばれる微弱電流を発生させるものが多くありますが、妊娠中の肌がセンシティブな状態での使用は控えたほうがいいでしょう。

シンプルなタイプのものを選ぶことをおすすめします。

【おすすめのローラー美顔器】multifun Y字美容ローラー

Y字型のローラーが顔の曲線に合わせて密着し、余分なお肉をつまんで、老廃物を揉み流してくれます。

血行を促進する効果もあるので、たるみやむくみにもしっかりアプローチ。

わずか140gで14.7cmというコンパクトなボディだから、使い勝手も抜群です。

片手でコロコロ転がしながら、気軽にスキンケアができます。妊婦さんのリラックスタイムにぴったりです。

充電不要なので使う場所を選びません。リーズナブルな価格も嬉しいですね。

本体価格 2,399円(税別)

販売サイト
https://www.amazon.co.jp/multifun-Y字美容ローラー-マッサージローラー-小顔ローラー-3D美顔器充電不要美肌ローラー/dp/B01L8C8T4W?psc=1&SubscriptionId=AKIAJB6V4ZOBPR2LJ6WQ&tag=nad07-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B01L8C8T4W

2.スチーム美顔器

スチーム美顔器とは、顔に温かいスチーム(蒸気)を当てて、皮膚に必要なうるおいを与えるアイテムです。

温熱作用によって血行を促進する働きもあります。新陳代謝が活発になることで、ターンオーバー機能が活性化し、若々しい素肌を取り戻すことができるでしょう。

さらに、スチーム美顔器から発生する水蒸気の細かい粒子が、毛穴の奥に詰まった皮脂や汚れを浮かして落とす、ディープクレンジング効果も期待できます。

毛穴の汚れがすっきりすると、肌のくすみやごわつきが解消されますし、化粧成分の浸透がぐんと良くなります。

スチーム美顔器で顔に当てるのは水蒸気だけなので、妊婦さんが使っても肌トラブルに見舞われるリスクは低いでしょう。

ただし、メーカーによってはアロマオイルを使用するものもあります。

アロマの香りは妊娠中には刺激が強すぎる場合があるので、アロマ機能が搭載されている製品は使用を控えておくと安心です。

スチーム美顔器を使用した後にそのまま放置すると、毛穴が開きっぱなしになって皮膚が乾燥してしまいます。

化粧水などを使って毛穴を引き締めて、きちんと保湿ケアを行うようにしてください。

スチーム美顔器は毎日使っても問題ありませんが、妊娠中はいつもより敏感になっている可能性が大です。

週に2、3回使って様子を見てみましょう。

【おすすめのスチーム美顔器】YAOSUN スチーマー

通常のスチームよりも細かいマイナスイオンの水粒子が、肌の奥までうるおいを届けて、妊婦さんの悩みに多い、毛穴の詰まりや乾燥肌を解消するよう働きかけていきます。

化学物質は一切使わず、純水もしくはミネラルウォーターのみを使うので、妊娠中の敏感な状態でも安心です。

ボタン一つの簡単操作。水を加熱するのにもわずか20秒しかかかりません。忙しい方や機械の操作が苦手な方にぴったりです。

本体価格 4,320円(税別)

販売サイト
https://www.amazon.co.jp/YAOSUN-クレンジング-フェイススパ-黒毛穴とニキビなし-バレンタインデー/dp/B07C9VPTN3

妊娠中に美顔器を使用する際の注意点

妊娠中はホルモンバランスの変化、出産への不安や体調不良によるストレスなどの要因で肌荒れが生じやすくなります。

その状態をなんとか改善しようとして美顔器を使用すると、逆効果になってしまいかねません。

時期が来れば次第に治っていくと考えて、焦らず肌へ負担がかからない範囲でスキンケアを行ってください。

美顔器を使用する際は、様子を見ながら少しずつ使っていきましょう。

使用後は、肌への刺激が少ない化粧水や美容液でしっかり保湿して、うるおいを閉じ込めることが大切です。

皮膚に異常を感じた場合はすぐに使用を中止して、かかりつけの医師に相談してください。

まとめ

美顔器はきれいな肌を手に入れるための美容アイテムです。

しかし、美顔器を使用することで、お腹の赤ちゃんや妊婦さんの体に負担がかかったり、顔に炎症を起こしてしまったりしては本末転倒です。

妊娠中は肌が敏感になりやすいので、様子を見ながら上手に使用しましょう。肌の調子が悪いときは、使用を控えてください。

妊娠中はホルモンバランスの変化によって体質が変わってしまうため、ニキビや肌荒れに悩まされる妊婦さんも少なくありません。

早く治そうと焦って、一生懸命に美顔器でお手入れをしてしまいがちですが、逆効果になることがあります。

ストレスも肌トラブルの大きな要因の一つなので、気長にゆっくり美肌を目指しましょう。