乾燥肌改善におすすめの美顔器ランキング 【スチーム・イオン別】

もくじ

乾燥肌におすすめの美顔器ランキング

乾燥肌におすすめの美顔器ランキングベスト3

乾燥肌ケアにおすすめなのが美顔器です。

電気の力を応用し、肌に潤いを与えたり、美容成分を浸透しやすくしたりします。

肌の乾燥は、見た目を悪くするばかりではなく、大人ニキビやくすみ、しわといったさまざまな肌トラブルの原因になってしまいます。

気になりはじめた今、少しでも早くケアをしていきたいですよね。

でも、乾燥肌ケアにはどんな美顔器を選べばよいのでしょうか…?

また美顔器にはどのような効果が期待できるのでしょうか…?

わからないこともたくさんあるのではないでしょうか。

そこで、乾燥肌ケアにおすすめの美顔器をランキング!

機能や効果から、乾燥肌解消におすすめの美顔器を紹介します。

さらに、美顔器の機能や効果、肌質に合わせた選び方など、乾燥肌ケアについて徹底的に解説!

ここを見れば自分に合った美顔器に出会えるはずですよ。

乾燥肌解消に効果のある美顔器ランキング

それでは早速、乾燥肌解消に効果のある美顔器ランキングからご紹介します。

乾燥肌ケアに効果が期待できる「スチーム美顔器」「イオン美顔器」を部門別にランキング。

さらに、その中でも特におすすめの1台を「総合1位」として選びました。

続けて、「スチーム美顔器」と「イオン美顔器」のランキングもご紹介します。

【総合1位】『スチーマーナノケアW温冷エステ EH-SA98』

『スチーマーナノケアW温冷エステ EH-SA98』
(価格相場:30,000~40,000円(税抜))


【機能】

・ナノサイズW温スチーム
・W冷ミスト
・肌状態やケアに合わせて使える7コース
・タブレット式アロマ

使用可能:精製水、水道水
スチーム温度:約40℃
スチーム発生量:約12ml/分
スチーム発生時間:約3分~13分30秒
給水タンク容量:約200ml

【おすすめポイント】

スチーム美顔器おすすめ1位は『スチーマーナノケアW温冷エステ EH-SA98』

温かいスチームで乾燥肌対策ができる温スチームコース、メイク落とし前に使えるディープクレンジングコースの基本ケアはもちろん、プログラムされた温スチームと冷ミストで肌の調子を整える5コースが利用できます。

メーカーは美容家電でも人気の『パナソニック』

日々の乾燥肌対策の心強い味方です。

乾燥肌が気になる方はもちろん、皮脂ケアや、敏感になりやすい時期の肌ケアにもおすすめ。

乾燥肌で悩む人にまずおすすめしたいスチーム美顔器です。

乾燥肌ケア美顔器ランキング【スチーム美顔器】部門

ここからは、スチーマータイプの美顔器ランキングをご紹介していきます。

【1位】『スチーマーナノケアW温冷エステ EH-SA98』

(価格相場:30,000~40,000円(税抜))

【おすすめポイント】

乾燥肌解消対策におすすめ総合1位としてご紹介した美顔器です。

充実のスキンケアコースを搭載。

乾燥肌そのもののケアはもちろん、乾燥が原因となって起こりやすい、皮脂のベタつき、大人ニキビ、敏感肌、くすみといった肌悩みのケアにもおすすめです。

たっぷり1分間に約12mlのミストを13分間も噴霧できるパワーにも注目。

家電メーカーで有名なパナソニック製品というのも安心ポイントです。

【2位】『スチーマーナノケア2Wayタイプ EH-SA67』

(価格相場:25,000~35,000円(税抜))


【機能】

・ナノイー
・ナノサイズスチーム
・毛先ケアモード
・タブレット式アロマ

使用可能:精製水、水道水
スチーム温度:約40℃
スチーム発生量:約6ml/分
スチーム発生時間:約12分
給水タンク容量:約95ml

【おすすめポイント】

ランキング2位は『スチーマー ナノケア EH-SA67』

こちらもパナソニックの製品です。

メイク落とし前に使えるディープクレンジングケア、乾燥肌対策におすすめのスチームモード、パサついた髪の乾燥をケアする毛先ケアモード、寝ている間の乾燥肌対策ができる約8時間のナノイーモードを搭載。

機能が充実した1位の『スチーマーナノケアW温冷エステ EH-SA98』と比較して2位のランキングとしましたが、就寝中でも乾燥肌ケアができるのは魅力!

朝起きた時の乾燥が特に気になっているという人にもおすすめです。

【3位】『フェイススチーマー SH-2785W』

(価格相場:5,500~10,000円(税抜))


【機能】

・イオンスチーム
使用可能:精製水、水道水
スチーム温度:約40℃
スチーム発生量:約7 ml/分
スチーム発生時間:約15分
給水タンク容量:-約

【おすすめポイント】

スチーム美顔器おすすめ3位は『フェイススチーマー SH-2785W』です。

温かなイオンスチームを発生。メイク落としの前にスチームをあててクレンジングしやすくしたり、顔やデコルテの乾燥肌対策に使えます。

機能がシンプルなためランキングを3位としましたが、1万円をきる価格相場になっているので、「簡単に使えるスチーム美顔器がほしい」「乾燥肌対策もコスパ重視!」という人におすすめです。

【イオン導入美顔器】部門

ここからは、イオン美顔器部門をご紹介いたします。

【1位】『美ルル クラッシィ』

乾燥肌におすすめの美顔器ランキング:イオン導入部門1位美ルルクラッシィ

(価格:定価11,980円(税入))


【機能】

乾燥肌ケアにおすすめの4機能
・イオン導出(肌に残った汚れを落とす)
・イオン導入(美容液の浸透保湿)
・超音波(汚れ落とし、美容液の肌馴染みをよくする、血行促進)
・振動(マッサージ)

さらにその他にも1機能を搭載した計5機能です。

・赤青緑LED(赤はアンチエンジングケア、青はニキビケア、緑は透明感ケアに)

【おすすめポイント】

乾燥肌ケアにおうすすめの美顔器、イオン多機能美顔器1位は『美ルル クラッシィ』

イオン導出で肌や毛穴に残った汚れをスッキリ落とし、さらにイオンと超音波の力で美容液に含まれる美容成分を角質層に浸透させます。

肌に照射するだけでスキンケアができるLEDも3色搭載。

乾燥肌が原因で起こりやすい、大人ニキビや皮脂のケアにも向いています。

これだけ機能が充実していながらも12,000円で買える低価格も魅力!

コスパにこだわりたい人にもおすすめできるイオン美顔器です。

美ルルクラッシィボタン
美ルルクラッシィ口コミ・レビューボタン

【2位】『RFボーテフォトプラスEX』

乾燥肌におすすめの美顔器ランキング:イオン導入部門2位RFボーテフォトプラスEX

(価格:定価45,000円(税抜))


【機能】

乾燥にアプローチする5機能を搭載
・イオン導出(肌に残った汚れを落とす)
・イオン導入(美容液の浸透保湿)
・高周波(血行と代謝の促進)
・冷却(肌をひきしめて潤いを閉じ込める)
・振動(マッサージ)

さらにその他3機能がついた贅沢な計8機能搭載。

・赤LED(アンチエイジングケア)
・目元マイクロカレント(肌細胞の活性化)
・EMS(表情筋に運動刺激を与えて引きしめる)

【おすすめポイント】

おすすめ2位は『RFボーテフォトプラスEX』

イオン導出で肌の汚れを落とし、イオン導入で美容成分を角質層まで浸透させ保湿します。

さらに肌を内部から効率よく温める高周波や、潤いを閉じ込める冷却機能も搭載。

そのほかにも贅沢に搭載した機能数で、乾燥肌が原因で起きやすい目元のしわ、毛穴の開き、くすみ、さらにはたるみといった年齢肌ケアまでできちゃいます。

乾燥肌ケアだけで考えると、やや機能が過剰過ぎる気もするためランキングは2位としましたが、乾燥肌だけではなく年齢肌ケアも気になる方にはおすすめの1台です。

RFボーテフォトプラスボタン

RFボーテフォトプラスEX口コミ・レビューボタン

【3位】『ハダクリエ ホット&クール CM-N4800 』

乾燥肌におすすめの美顔器ランキング:イオン導入部門3位ハダクリエ

(価格相場:20,000~35,000円(税抜))


【機能】

乾燥肌ケアにおすすめの4機能
・イオン導出(肌に残った汚れを落とす)
・イオン導入(美容液の浸透保湿)
・冷却(肌をひきしめて潤いを閉じ込める)
・振動(マッサージ)

【おすすめポイント】

乾燥肌ケアにおすすめのイオン導入美顔器3位は『ハダクリエ ホット&クール CM-N4800』

家電メーカーで有名な『日立』の美顔器です。

温と冷、2つのヘッドが特徴で、温めながら乾燥肌ケアができます。

イオン導出で肌に残った汚れを落とし、イオン導入で美容成分を角質層に浸透させ、最後に冷ヘッドで肌を冷やしてクールダウン。

冷やすことで肌や毛穴をキュッと引きしめ、潤いを閉じ込めてくれます。

機能数でランキングを3位としましたが、シンプルな美顔器が欲しいという人におすすめ。

またチタンヘッドを採用しているため敏感肌の人にも選びやすいです。

ハダクリエボタン
ハダクリエ口コミ・レビューボタン

スチーム美顔器とイオン導入美顔器、どっちを選ぶべき?

乾燥肌解消におすすめの「スチーム美顔器」と「イオン導入美顔器」をご紹介しました。

しかし、「スチームとイオン導入どっちがいいの?」「結局何が違うの?」と疑問に思った方もいらっしゃるかもしれませんね。

そこでスチーム美顔器とイオン導入の特長として、それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

【スチーム美顔器】

・メリット
肌に手を触れずにスキンケアができる
顔を全体的にケアできる
使いはじめから1ヶ月たてば毎日のケアに使ってOK

・デメリット
本体を清潔に保つお手入れが必要
持ち運びがしずらい

【イオン導入美顔器】

・メリット
多機能になっているものが多く、肌悩みに合った製品を選びやすい
本体のお手入れが簡単
持ち運びがしやすい

・デメリット
毎日は使えない製品がほとんど
手に持ってケアするため、スチーム美顔器に比べると面倒さがある

ランキングでは、状態に合わせたケア機能を搭載したスチーム美顔器『スチーマーナノケアW温冷エステ EH-SA98』を1位としました。

乾燥肌の人は季節の変わり目などに肌が敏感になってしまうこともあるため、肌に触れずにケアができるのは魅力です。

しかし、決してイオン導入美顔器が劣っているというわけではないのです。

イオン導入美顔器は、ケア時に美容液も一緒に使うため、美容成分を浸透させやすい効果もあるのです。

例えば、美容成分をただ肌に塗ったときよりも、イオン導入を使ったときのほうが美容成分の浸透率は20倍以上もアップすると言われています。

自分の肌状態や、どんなスキンケアをしたいかで選んでみるとよいですね。

乾燥肌の原因とは

乾燥肌は、気付いたらいつの間にかなっていたという人がほとんどではないでしょうか。

乾燥肌ってそもそもどうしてなるのでしょう?

原因にアプローチするスキンケアができれば、乾燥肌も改善しやすくなります。

乾燥肌の原因についてみていきましょう。

乾燥肌の原因

間違ったスキンケア

スキンケアが足りない、反対にスキンケアのしすぎなどの間違ったスキンケアで乾燥肌がおこりやすくなります。

例えば、保湿不足もそのひとつ。

化粧水と乳液やオイルをうまく使い分けられていなかったり、若い頃に肌がベタつきやすかったからと保湿をしていなかったり、誤ったスキンケアをしていると肌はどんどん乾燥してしまいます。

また反対に、しっかりスキンケアをしていたつもりが、肌をこすり過ぎてしまっていたり、洗浄力の強いコスメを使っていたり、肌への負担になるスキンケアも乾燥を招いてしまいます。

肌への負担が少ないコスメを選び、しっかり保湿ケアをするようにしましょう。

肌バリア力の低下

わたしたちの肌表面は「角質層」と呼ばれる層状になっています。角質層では肌細胞と保湿成分が隙間なく並び、肌のハリや弾力を保っています。

そしてその角質層の表面は、薄い「皮脂」の膜で覆われています。

皮脂には角質層の水分蒸発を防ぎ、ホコリや紫外線などの外部刺激から肌を守る役目があります。

このように肌の潤いは「角質層」と「皮脂」の2つで守られています。

そのため角質層と皮脂膜は、「天然のバリア機能」とも呼ばれます。

バリア機能が崩れてしまうと肌が乾燥しやすくなったり、外部からの刺激に弱くなったりと、乾燥肌や敏感肌を引き起こしてしまいます。

さらに原因を細かくみると、天然バリアを崩す要因にもさまざまあります。

例えば、先にご紹介した間違ったスキンケアもそのひとつ。

さらには、紫外線をあびたり、外気の乾燥の影響をうけたりしたときも、天然バリアのバランスをくずしやすくなります。

対策には、スキンケアでの保湿、普段からUVケアをすることなどが挙げられます。

また、紫外線は肌細胞を傷つける活性酸素を作り出すため、活性酸素を除去する抗酸化作用のある美容成分をスキンケアに取り入れるのもおすすめです。

抗酸化作用のある美容成分では、ビタミンC誘導体が有名です。

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーとは、肌細胞の生まれ変わりのことをいいます。

肌の奥で生まれた肌細胞は、約1ヶ月~3ヶ月かけて押し上げられるようにして、肌表面まであがってきます。

そして、古くなった肌細胞は角質となって、自然に剥がれ落ちていきます。

しかしターンオーバーが乱れると、古い角質がうまく剥がれ落ちることができず、肌表面に残ったままになってしまいます。

そうすると肌の保湿バランスが乱れて乾燥しやすくなるのはもちろん、肌のくすみや大人ニキビをひきおこす原因にもなります。

さらに肌表面に古い角質がたまっていると、美容成分の浸透も妨げてしまいます。

美容液が肌に浸透しない、肌がゴワついている、そんな人はターンオーバーが乱れて肌表面の角質が厚くなっている可能性があります。

ターンオーバーの乱れについてもっと詳しく見ると、その原因には不十分なスキンケアや、肌バリアの低下、さらには食習慣や生活習慣などもあげられます。

また血行不良も要因のひとつ。

肌細胞は血液が運ぶ栄養や酸素で作られるため、血流が悪いとターンオーバーも乱れてしまうのです。

スキンケアでできる対策としては、保湿ケアはもちろん、クレンジングを意識してみましょう。

ただし、洗浄力の強いコスメを使ったり、肌を強くこすったりするケアはNG!

程よい洗浄力の洗顔料で細かく泡立てて洗顔したり、洗顔の前に肌を温めて汚れを浮きやすくしたりがおすすめです。

肌を温めると血行を促進する効果も期待できますよ。

スキンケアでできる乾燥肌対策まとめ!

乾燥肌の原因について知ると、その対策方法まで見えてきましたね。

乾燥肌には生活習慣や食習慣が原因になっていることもありますが、スキンケアでできる対策をまとめると、主に次の4つでした。

  • 肌の汚れをやさしくしっかり落とす
  • 保湿ケア
  • 血行促進(温めやマッサージなど)
  • 美容成分を取り入れる(ビタミンC誘導体など)

これらはハンドケアでもできますが、より効果的にケアしたいなら美顔器がおすすめ。

美顔器は機械や電気の力を使ったケアができるため、効果アップが期待できるんです。

また、「乾燥肌対策しているのになかなか効果がでない」、「手間をかけずに乾燥肌ケアしたい」という人にも美顔器がおすすめですよ。

乾燥肌に効果のある美顔器を選ぶ時のポイント

せっかく美顔器を選ぶなら、失敗はさけたいもの!

乾燥肌ケアに合った美顔器の選び方をご紹介します。

美顔器を選ぶときのポイント

①機能と効果をチェックしよう

乾燥肌ケアのための美顔器で最も大事なことは「乾燥肌の改善に効くかどうか」ですよね。

どんなにいい美顔器を買っても、乾燥肌が改善できなくては意味がありません。

美顔器を選ぶ時は、搭載されている機能と、どんな効果が期待できるかをしっかりチェックしておきましょう!

特に、「乾燥肌の原因にアプローチできているか?」で考えてみると、ケアに適した製品を見つけやすくなります。

先に乾燥肌の原因について解説した中で、おすすめのケアは以下の4つだとご紹介しましたね。

  • 肌の汚れをやさしくしっかり落とす
  • 保湿ケア
  • 血行促進(温めやマッサージなど)
  • 美容成分を取り入れる(ビタミンC誘導体など)

ここでは、それぞれのケアができる美顔器の機能をまとめてみましょう。


【1.肌の汚れをやさしくしっかり落せる美顔器の機能】

・スチーム:蒸気で肌を温めて毛穴を開き、汚れを浮かせて落とす
・イオン導出:+イオンを放出し、肌や毛穴に残った汚れを吸着して落とす
・超音波:微振動で汚れを浮かせて落とす


【2.保湿効果をアップさせる美顔器の機能】

・スチーム:蒸気で肌に潤いを与える
・イオン導入:+イオンを放出して保湿成分を押し込むように角質層へ浸透させる
・超音波:微振動で美容液の肌馴染みをよくする
・高周波:熱刺激でコラーゲンの生成を促す
・冷却:ケアの最後に肌を引き締めて潤いを閉じ込める


【3.血行促進効果が期待できる美顔器の機能】

・スチーム(温):スチームで温めて血行促進
・超音波:微振動で肌をマッサージして血行促進
・高周波:肌を内部から効率よく温め血行促進
・振動:振動によるマッサージで血行促進


【4.美容成分の浸透をサポートする美顔器の機能】

・スチーム:汚れを落とし、肌を温めることで後に使う美容成分が浸透しやすくなる
・イオン導出:汚れを落とすことで、美容成分が浸透しやすくなる
・イオン導入:-イオンを放出し、美容成分を押し込むように浸透させる
・超音波:微振動で美容成分の肌馴染みをよくする

機能と効果を並べてみると、どんな美顔器がより乾燥肌ケアに効きそうか分かりますね。

ランキングでもご紹介しましたが、美顔器の機能で乾燥肌ケアに特におすすめなのは「スチーム」または「イオン導入」です。

スチーム美顔器は乾燥肌対策において、汚れ落としから保湿、血行促進まで期待できます。

そして、イオン導入は電気の力を応用した浸透保湿が魅力です。

イオン導入が特に浸透保湿の効果を発揮するのは、ビタミンC誘導体のような分子サイズが小さくイオン化に適した美容成分です。

ほかにも、プラセンタ、アミノ酸などにも効果的です。

またそれ以外の美容成分でも、美顔器専用に作られた美容液に配合されているものは、効果が出やすいように工夫されていることもあります。

ちなみに、超音波も乾燥肌ケア向きではありますが、乾燥肌対策のメインとなる浸透保湿では、イオン導入のほうがおすすめです。

理由は、角質層まで美容成分を押し込めるイオン導入のほうが浸透保湿に向いているため。

特にビタミンC誘導体やプラセンタといった美容成分を取り入れたい人はイオン導入を選ぶのがよいでしょう。

②肌質に合った製品を選ぼう

乾燥肌ケアでは、刺激の強いケアはさけましょう

これは肌のバリア機能が乱れて、肌が刺激に弱くなっているため。

美顔器でも、強くこすったり、強い刺激を与えたりするような製品はさけて選ぶのがよいです。

スチーム美顔器のように肌に触れずにケアができる製品や、ヘッドに凹凸が少なく肌への刺激が抑えられる製品がおすすめですよ。

また、すでに敏感肌が気になっている人は、敏感肌ケアに適した美顔器を選んでみましょう。

例えば、ランキングでご紹介した美顔器であれば、スチーム美顔器1位の『スチーマーナノケアW温冷エステ EH-SA98』。イオン美顔器3位の『ハダクリエ ホット&クール CM-N4800』が選びやすいでしょう。

③肌悩みに合った製品か考えよう

乾燥肌は、さまざまな肌トラブルを引き起こします。


大人ニキビ
皮脂の過剰分泌
しわ
しみ
くすみ
ほうれい線
たるみ
毛穴の汚れ
毛穴のひらき

これらの肌トラブルは、乾燥肌でおこりやすくなります。

すでに乾燥以外の肌悩みが出ている人も多いのではないでしょうか。

そのためせっかく美顔器を選ぶなら、ほかの肌悩みも一緒にケアできるものがおすすめです。

例えば、大人ニキビができやすい人には、肌に触れずにケアができるスチーム美顔器、またはアクネ菌を殺菌する効果のある青色LED搭載の『美ルル クラッシィ(イオン導入ランキング1位)』などです。

また年齢肌の悩みが出ている人なら、エイジングケアにも適した『RFボーテフォトプラスEX(イオン導入ランキング2位)』をチェックしてみるとよいでしょう。

美顔器はスキンケアとして長く使い続けていくものです。乾燥肌の改善はもちろん、長い目で見て使いやすそうなものを選んでみるといいですね。

乾燥肌に美顔器を使う際の注意点

美顔器は簡単かつ手軽に乾燥肌ケアできる美容家電です。

しかし、どんな使い方をしてもOKというわけではありません。

ついやってしまいがちな美顔器を使う際の注意点を解説します。

乾燥肌ケアで美顔器を使うときの注意点

①使いすぎない

美顔器には、それぞれ使用時間や頻度に目安があります。

製品によっても異なりますが、例えば、スチーム美顔器なら使い始めは週に2~3回、1ヶ月くらいたったら毎日でも使ってOKです。

イオン美顔器はだいたい週3回が使用目安です。

美顔器はスキンケアのひとつ。

やればやるほど効果がアップするわけではなく、適切なケアを継続していくことが大切なのです。

反対にやり過ぎは肌への負担になって、乾燥肌を悪化させてしまう可能性もあります。

各製品の使用目安をきちんと守って使い続けていくようにしたいですね。

②肌をこすらない

美顔器で効果的な乾燥肌対策ができる!

そう聞くと、ついついスキンケアにも力が入ってしまいますよね。

しかし、肌はデリケートなので、力を入れてこすったり、美容液を肌に叩き込んだりするのはNG!

スチーム美顔器の後に肌をクレンジングする時や、保湿ケアをする時、イオン導入美顔器で肌をケアする時にも、肌をこすり過ぎないように気を付けましょう

③イオン導入美顔器では美容液をケチらない

イオン導入美顔器は、美容液と一緒に使います。

理由は電気の通りを良くするため。

イオン導入器は電気の性質をスキンケアに応用しているため、美容液をつけないと、うまく肌に電気が届かないのです。

ここで注意したいのが、美容液を使う量。

肌につける美容液が少ないと電気が通りにくくスキンケア効果を発揮できないうえに、ヘッドと肌の間に摩擦が生じて肌を傷つけてしまいます。

イオン導入美顔器を使用するときは、美容液をたっぷり使ってケアしましょう。

美顔器を使った後のアフターケアについて

美顔器を使えば乾燥肌ケアはOK…ではないんです!

美顔器は乾燥肌改善をサポートするスキンケアのひとつ。

しっかり乾燥肌を改善していくためには、美顔器を使った後のアフターケアも大切です。

美顔器をつかったあとのケア方法

①ケアの後にもしっかり保湿を

美顔器でできることは、お肌に潤いを与えて乾燥状態を改善することです。

そのため、そのままにしておくとまたすぐに肌の水分が蒸発して乾燥肌になってしまいます。

美顔器でお肌がたっぷり潤ったら、次は潤いを逃がさないために保湿をしましょう。

保湿に使うのは、乳液・クリーム・オイルなど。

今手持ちにある基礎化粧品でOK。

自分の肌にあったものを使ってくださいね。

②肌バリアを作ろう

肌の水分を守るのに大切なのが「肌バリア」を作ること。

私たちのお肌が表面に皮脂膜をはって水分の蒸発を防ぐように、美顔器ケアの後にもお肌に油分を足して肌バリアを作るのがコツです。

化粧水や美容液で肌に水分や美容成分を与えたあとに、油分を含んだ基礎化粧品でお肌にフタをしてくださいね。

③保湿化粧品を使う順番

乾燥肌ケアでの美顔器の使用から、アフターケアまでの手順をまとめました。


【スチーム美顔器の場合】

1.スチームで肌の汚れを浮かせる
2.メイク落とし、洗顔をする
3.スチーム美顔器を使う
4.化粧水→美容液→乳液→クリーム→オイルの順番で保湿する

スチーム美顔器を使ったクレンジングでは、水に濡らして使うタイプのメイク落としならスチームをあてながらメイク落としできます。

ただし、水に塗らせないタイプのメイク落としなら、スチームをあてた後に一旦顔の水分を吹いてからメイクを落としましょう。


【イオン導入美顔器の場合】

1.メイクを落として洗顔する
2.イオン導入美顔器でケアする
3.乳液→クリーム→オイルの順番で保湿する

イオン導入美顔器は肌を清潔な状態にしてから使用します。

これはイオン導出の汚れ落とし機能を搭載した美顔器でも同じです。

イオン導入美顔器では、ケアのときに美容液やジェルを使用しますので、アフターケアでの化粧水や美容液は必要ありません。

美顔器ケアでは美容成分が配合された肌に負担の少ない美容液やジェルを使うようにするといいですね。

美顔器以外でできる乾燥肌の解消方法

「美顔器も欲しいけれど、今からできる乾燥肌の解消方法を知りたい!」という人に、美顔器を使わずにできる乾燥肌ケアをご紹介します。

美顔器以外でできる乾燥肌ケア

①ホットタオル


1.お湯に浸したタオルを絞り、ホットタオルを作ります
2.顔にホットタオルをのせて、蒸すように温めます
3.タオルの熱が冷めてきたら、保湿ケアをして完了です

美顔器のスチームのように、顔を蒸気で温める方法です。

顔が温まって血行が促されるだけではなく、蒸気で乾燥した肌に水分を与えてくれます。毎日続けてもOKですよ。

②コットンパック


1.コットンを3枚ほど用意し、水に浸します
2.1.のコットンを両手で挟み、軽く水分を絞ります
3.今度はコットンにたっぷりの化粧水を含ませます
4.コットンを均等な厚さになるよう1枚を2~3枚に裂きます
5.コットンをおでこや頬などにのせ、パックします
6.3~5分たったらコットンをはずし、保湿をして完了です

コットンをパックの代わりに使う方法です。

毎日行うのがおすすめですが、注意したいのはコットンを顔に乗せたまま放置しないこと。

コットンが乾燥しはじめると顔の水分が奪われ、乾燥肌を悪化させてしまいます。

顔がヒンヤリしてきたら潤ったと判断してコットンをはずしてOKです。

③お風呂でニベアパック


1.お風呂で体を温めます
2.ニベア青缶のクリームを厚めにたっぷり顔に塗ります
3.そのまま湯船につかり体を温めます
4.5~10分たったらニベアを洗い流して洗顔、保湿をして完了です

肌がつるつるになるとSNSでも話題になった乾燥肌対策です。

頻度は週に1回が目安です。

はじめてニベアを使う人は、肌に合っているかどうか確認してからパックをするようにしてくださいね。

美顔器以外でできる乾燥肌の解消方法をご紹介しました。

いずれも、先に洗顔をして顔の汚れを落としておきましょう。

簡単に自宅でできる方法なので取り組みやすいかと思います。

ただし、効果は一時的なものです。これだけではまたしばらくすると乾燥肌に戻ってしまいます。

また、電気の力を使った美顔器に比べると効果も小さいです。

準備に手間がかかってしまうのもネックですね…。

もっと手軽に、より効果的な乾燥肌対策がしたいなら、やはり美顔器がおすすめできます。

ライフスタイルやケアの好みに合わせて、考えてみるとよいですね。

まとめ

乾燥肌の解消におすすめの美顔器や、乾燥肌ケアについてご紹介しました。

乾燥肌におすすめの美顔器は「スチーム美顔器」または「イオン導入美顔器」です。

準備のわずらわしさや、力も使わず、ハンドケアよりも効果的な乾燥肌ケアができるようになります。

ガサガサな乾燥肌からツルツル美肌になるのも夢ではないかもしれませんね。

肌の乾燥が改善できれば、今より若々しく見えたり、メイクを楽しめたり、充実した気分になれそうです。